兵庫県の釣り場は、古くからヘラブナ釣りのメッカと言われた東播地区の溜め池が中心であったが、池ざらえや網入れ、釣り禁止等のため、多くの釣り場が失われた。
 一方、30年程前に加古川を始めとして千種川の釣り場が開拓され、続いて円山川や市川も人気釣り場となった

 これらの河川の釣り場の特徴は、魚体が美しい、引きが強い、標準の型は尺2寸から3寸で、40cm級もよく釣れる事だ。環境も良好、さらに四季を通じて釣れるなどで、極上の野釣り場と言える。
  


2013/10

2013/10
22013/10


2013/10


2013/10